ひな人形飾りのスタイル(親王飾り)

雛人形※人気ランキング通販&価格比較【ひな祭り2016】

ひな人形飾りのスタイル(親王飾り)

ここでは、ひな人形飾り付けのバリエーションにおいて口述してみることにします。
雛人形のメインとなる親王、つまり内裏雛だけを飾るタイプがあるのです。
平飾りというコーディネートで、男雛・女雛・桜と橘の木だけが位置付けられるというプレインな飾り方です。
これに関しては、ほとんどの場合は木製の台が多く、シンプルにウールの緋毛せんに六曲の金屏風という付属品もキャラクターがあります
長所としては、飾るものが少ないので飾り付けが簡単であることがあげられます。
また、小型サイズで飾る場所や収納場所の確保がしやすいということがあげられます。
ひな人形自体も内裏雛のみしか購入しないので、経済的にも優しくなっています。
コンパクトで上質なため、大人になっても末永く楽しめ、主役となる内裏雛にこだわりたい方にはぜひおすすめですが、もちろん短所も存在します。
短所としては、内裏雛しかいないため、少々華やかさにかけるという点があげられます。
嫁入り道具もないわけですから、少々寂しいですね。
また、フロアにダイレクトに飾れないためにセットを置く台やテーブルなどが外せません。
これについては本当に飾り付けるスペースや収納場所がない方にオススメしたいだと言えますね。
昔は大ぶりでインパクトの強いものが充分じゃないかという傾向にありましたが、最近ではインテリア装飾を考慮されたものもあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読

先頭へ戻る