人形の久月

雛人形※人気ランキング通販&価格比較【ひな祭り2016】

人形の久月

人形の久月というサイトのサムネイル画像
「我が子に対する思い。何時の世も幸せを望んで。」が、久月のテーマです。
幼い子どもたちには健康志向で永遠に健康でいていただきたいです。
久月のお飾りは、段飾り、出飾り、親王飾り、立雛、浮世人形・市松人形、つるし雛があり、お人形も衣装着と木目込みの2パターンがございます。
一番初め段飾りですが、こちらは衣装着と木目込みのいずれのバリエーションも存在して、両者7段飾りとなっています。
赤い布である緋毛せんの上に装飾するスタイルと木製の段に飾るパターンの二種が存在します。
出飾りも、衣装着と木目込みのどちらのタイプもあり、塗装仕上げを施してある木製段の上に雛人形を乗せた飾りの物となっているのです。
加えて、衣装着の出飾りについては、ケースパターンのものあります。
立雛に関しましては、着物のものは金屏風を背に台座の上に乗っていますが、木目込みのものは箱入り状態です。
浮世人形・市松人形は、一体が男児をかたどったもの、残りが女子をかたどったものなんです。
髪型も通り一辺倒なおかっぱだけでなく、現代風のものもあります。
大雑把に言うとつるし雛は、子孫繁栄、家族の幸せ、人の輪を表しており、5種類のタイプを販売しております。
内一種類は音楽を奏でながら回るタイプとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読

先頭へ戻る