ひな祭りに一緒に飾るもの - 決定版!雛人形通販

雛人形※人気ランキング通販&価格比較【ひな祭り2016】

ひな祭りに一緒に飾るもの

一番最後に、ひな祭りに飾るものについてご案内していくことが重要です。
ひな祭りに華やかにするものや飾り方はいろんな所で色々あるようですが、特に飾り方や飾る物にファクターはないと言います。
人形や金屏風だけでなく、お囃子に使う楽器や、家財道具と牛車等のマテリアルを同様に華やかにするかも知れません。
戦前までの上方・京都や関西の一部では天皇の御所を模した御殿式の屋形の中に男雛・女雛を飾り、ちょっと前の階段や庭に三人官女や五人囃子らを並べ、横に鏡台や茶道具、重箱などの精密なミニチュアなどを手に入れていたそうです。
ここしばらくは、つるし雛を雛飾りの側に引っ掛けたり、5段や7段といった大きいデコレーションではなく、広間のサイズに最適なタイプを飾るなど、色々な工夫が施されていますね。
以前からひな人形は災厄を祓うための人形・遊びのための人形と、古来はそのいずれの顔も併せ持っていたそうです。
今の子供たちが人形でおままごとをするように、平安時代の子供たちも人形で遊んでいたんです。
残念なことに、祭事と結びついたことによって庶民へ広まりました。
いまではひな人形はひな祭りにあって当たり前のものですが、実は由来があったと考えます。
ひな祭りについていろいろなことを知って、そして大切なお子様の進展を祝いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読

先頭へ戻る